環境にやさしい天然コルク建材、コルクタイルやフローリング床材、各種コルク材なら東亜コルク。

製品のご案内

コルクタイル
コルクフローリング
コルクシート・ロールコルク
壁用コルク
浴室フロア用コルクタイル
階段専用・
コルクリニューアル階段
床暖房用
防音・断熱床下地材
炭化コルク
加工用コルク
コルク造作材
接着剤
ワックス
シート・工具
園芸用コルク
全製品価格表
ホーム › 製品のご案内 › 防音・断熱床下地材〈コルホーン〉

防音・断熱床下地材〈コルホーン〉

階下へのご配慮に。天然コルクの吸音機能と防振材の効果で、
伝わる音を和らげます。
イメージ写真

製品概要

足音や物の落下音などの「生活騒音」が、特に気になるマンション。〈コルホーン〉は、JIS(日本工業規格)が床材の遮音性の目安として定める「5つの遮音等級(L値)」の内、日本防音床材工業会がマンション向けの床に推奨する遮音等級LL-45をクリアした防音・断熱床下地材。カーペット敷きから コルクフロアへリフォームする際の床下地材として最適です。

マンションの防音対策としても効果的。

〈コルホーン〉は、コルクならではの遮音性能を活かした床下地材。表面材にコルクタイル・コルクフローリングを貼ることで、階下へ響く生活騒音を優しく抑えます。足に優しく断熱性も高い、快適な床環境を実現。マンションリフォームにもぴったりです。

軽量床衝撃音LL-45をクリア

「天然のクッション」であるコルクと樹脂発泡体との遮音効果により、スラブ厚150mm時で軽量衝撃音LL-45をクリア。階下へ響く生活騒音を優しく抑え、気兼ねない「上下」関係をつくります。

断熱・防振性もハイレベル

コルクが持つ断熱性に加え、中間層に防振材を組み合わせることで、床面に伝わる衝撃を効果的に吸収します。

〈コルホーン〉なら施工も静か

施工は簡単な接着工法で、ボンドとカッターナイフがあれば施工可能。作業も静かに行え、マンションなどでも階下・隣人へ迷惑をかけることもありません。

F☆☆☆☆ 日本建材・住宅設備産業協会 表示登録K-002046
4VOC基準適合KV-000546

商品データ

コルホーン45N

スラブ厚150mm時:軽量床衝撃音LL-45に合格 。

  • COH45N
    COH45N
  • コルホーン断面図
    コルクタイル又はコルクフローリング(表面材 5mm厚)+コルホーン45N(防音床下地材 10mm厚)
  • 遮音性能
品番データ
品番 規格 備考
COH45N 600×900×10mm コルホーン45N
新しい防音性能表記について

2008年4月に業界団体、ユーザー、公的試験機関を含む「床材の床衝撃音低減性能の表記方法に関する検討委員会」から、新たな防音床材の表記方法が公表されました。現在使われている防音床材の「L-45」などの表記は推定L等級と呼ばれ、本来の建物の性能(空間性能)を表すL等級とは異なるものでした。 この「L-45」を製品の単体の性能として表記するのは、あたかも「L-45」の製品を施工すれば、必ず建物の性能がL-45等級となるというような誤解もあり、今回新たに「床材の床衝撃音低減性能の等級(L等級)」が提言されています。ただ、「L-45」など従来からの表記がすぐにできなくなるわけではありません。また、防音直貼りフローリングは、一定の試験条件を満たしていれば、推定L等級のデータから L等級に読み替えることも可能であり、以下にその対応表を掲載します。

製品群 従来の性能表記
(推定L等級)
新しい性能表記
(床材の床衝撃音低減性能の等級)  
コルホーン45N+コルクタイル5mm LL-45 ΔLL(Ⅰ)-4
CWGL4-145 LL-45 ΔLL(Ⅰ)-4

※ΔLL(Ⅰ)-4の読み方は「デルタ エルエル ワン 4等級」で、LLは軽量床衝撃音低減性能を、カッコの中の「Ⅰ」は主に直貼りフロアを、最後の数字は性能等級を表します。この数字が大きい程性能が良いことになります。

施工方法

  • コルホーンの施工には専用接着剤(TCE-4000(片面塗布)/トッパーコルクボンドS(両面塗布)を使用してください。
  • 部屋の隅周り、上框、敷居、ドア下枠部との取り合いには、硬質コルクフェルト10mm厚(KF-10)をカットして際根太にご使用ください。
ページの先頭に戻る
東亜コルク株式会社
(一社)日本建築材料協会員 日本複合・防音床材工業会員
本社:大阪府大東市新田中町5-1 TEL:072-872-5691 FAX:072-872-5695
東京営業所:東京都台東区元浅草2-7-14 TEL:03-3833-5691
(C)Toa-Cork Co.,Ltd. All Rights Reserved.
アドビリーダーのダウンロード
PDFファイルをご覧になるには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Readerが必要です。
フラッシュプレイヤーのダウンロード
Flashムービーをご覧になるには、アドビシステムズ社が配布しているFlash Playerが必要です。